ググッと身長を伸ばす方法 -身長伸ばす方法ドットコム公式ブログ-

好評発売中! ⇒ 「二十歳を過ぎても背は伸びる!!たった3ヶ月で3センチ!?ググッと身長を伸ばす方法」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低身長治療「ターナー症候群」

 
ターナー症候群は、女性のみに発症する染色体異常症ですが、
早期発見により適切な治療を行えば、完治はできないものの、
高い治療効果が期待できるようです。

ターナー症候群では、低身長と第二次性徴の遅れが特徴として
現れますが、ともに、ホルモン療法による治療が可能です。

低身長治療に関しては、「成長ホルモン」が効果的です。

ただし、幼少期から低身長治療を開始しておかないと、
思春期になってからの第二次性徴治療が開始しづらい状況に
なるため、ターナー症候群は早期発見が大切です。

また、第二次性徴治療に関しては、エストロゲン(女性ホルモン)
の投与が行われます。

エストロゲンは、思春期を誘発させるため、早期治療を行う
ことができれば、一般女児と変わらない成長が可能なようです。
 
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/10/27(土) 20:59:49|
  2. 低身長治療

低身長治療「思春期遅発症」

 
思春期遅発症の治療は、基本的には、精神的なケアが
主な内容のようです。

その他の低身長症のような治療を行わなくとも、
時期が来れば二次性徴が始まるため、子供の不安を
解消することが、一番の治療になるようです。

ただ、二次性徴が単に遅れているだけなのか、それとも
別の原因が低身長を招いたり、二次性徴を遅らせている
のかを見極める必要はあります。

適切な検査と医師の判断を仰ぐのが賢明です。

思春期遅発症には、性腺機能低下症(性腺が正常に働かない)、
下垂体機能低下(下垂体に何らかの病気の可能性)など、
二次性徴を遅らせている原因が存在することもあるようです。

もし、病気が原因で、二次性徴が現れないのであれば、
その他の低身長治療のように、性ホルモンなどを投与して
補充、または治療を行い続ける必要があるとのことです。
 

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/10/27(土) 20:57:19|
  2. 低身長治療

低身長治療「軟骨異栄養症」

 
軟骨異栄養症は、3歳以上で、同性、同年齢の標準身長
比較して-3SDならば、成長ホルモンを利用した治療が可能です。

ただ、成長ホルモンの投与を開始した1年目は、低身長治療に
大きな効果がありますが、2年目以降は、徐々に身長の伸び
少なくなるようです。

どのタイミングで低身長治療を開始するかも重要なようです。

軟骨異栄養症は、骨端線の発育が進まない病気であるため、
体本来の成長ホルモンの分泌は、正常に行われています。

成長ホルモンによる低身長治療は、通常よりさらに多い
成長ホルモンを投与することで、骨端線に刺激を与え、
成長を促すようです。

また、思春期に入ると、成長ホルモンの影響により、骨端線の閉鎖
が早まる可能性があるので、性腺抑制を併用した治療が行われます。
 

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/10/27(土) 20:54:34|
  2. 低身長治療

低身長治療「成長ホルモン分泌不全性低身長症」

 
成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療には、
成長ホルモンの投与が欠かせません。

なるべく早期に発見し、成長期が終わるまで、成長ホルモン療法
を続けることが、高身長を獲得することにつながります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、小児慢性特定疾患に
認定されているため、公的負担の対象となっています。

ただし、-2.5SDの小児に限られていますので、治療開始当初は
公的負担の対象になっていても、治療が進み、身長も伸びて、
-2.5SDを超えた時には、公的負担は行われなくなるようです。

しかし、成長ホルモン分泌不全性低身長症は、成長ホルモン療法
により、低身長は改善されるため、早期の発見と治療の継続により、
日本人の平均身長に達することも可能なようです。
 

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/10/27(土) 20:51:07|
  2. 低身長治療

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。