ググッと身長を伸ばす方法 -身長伸ばす方法ドットコム公式ブログ-

好評発売中! ⇒ 「二十歳を過ぎても背は伸びる!!たった3ヶ月で3センチ!?ググッと身長を伸ばす方法」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

身長を伸ばす運動とは

 
身長を伸ばす運動とは、体に極度の負担を掛けずに、
成長ホルモンの分泌を促進する効果のある運動のことです。

運動によって身長を伸ばすと言うと、ぶらさがり健康器や、
ストレッチのように、体や骨を引っ張る運動を想像しがちですが、
成長期の子どもにとっては、食事や睡眠によって成長ホルモンを
分泌させる、一連の流れの中の1つであると考えて良いでしょう。

適度な運動は、脳下垂体を刺激するため、運動後には、
成長ホルモンが分泌されると言われます。

3時間ほど成長ホルモンが分泌されるようで、
その成長ホルモンが伸長効果にまで及ぶという保証はないものの、
その事実を無視するのは、もったいないと思います。

また、身長を伸ばす運動の特徴として、体を動かした後は、
血液の循環が良くなるため、効率的に成長ホルモンが運ばれる
ということが挙げられます。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 
スポンサーサイト

テーマ:運動と癒し - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/22(土) 18:38:30|
  2. 身長を伸ばす運動

身長を伸ばす運動とクラブ活動

 
「バスケットボール部に入れば身長が伸びる」、
「バレーボール部もまた身長が伸びる」などと、都市伝説
ならぬ学校伝説のように、語り継がれている噂があります。

確かにバスケット部やバレー部の部員は、背が高いと言うか、
卒業する頃には、背が高くなっていたような気がします。

調べてみたところ、根拠となる具体的な事柄はありませんが、
「縦方向に力の加わる運動が良い」、
「ジャンプを繰り返す運動が良い」ということは確認できました。

バスケットとバレーは、ともにジャンプを多く行う運動です。

「野球」「テニス」「陸上」「剣道」「水泳」などの運動とは、
比べ物にならない回数のジャンプを行っています。

ただ、これらのスポーツでも背の高い人は多く見られるため、
一概には言えませんが、一般的なクラブ活動の中では、
バスケットボール部とバレーボール部は、身長を伸ばすことに
適している部活と言えるのではないでしょうか。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:運動と癒し - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/22(土) 18:33:32|
  2. 身長を伸ばす運動

身長を伸ばす運動と注意点

 
運動は、成長ホルモンの分泌を促すため、基本的には、
身長を伸ばすことに効果的ですが、運動内容によっては、
骨格に負担を掛け、伸びるというよりも、骨を強化する働き
を生じさせる可能性があります。

成長期の子供には、体を成長させる働きが強く現れます。

大人になると、成長した体を強化していく働きに変わります。

過度な運動は、身長を伸ばす働きを止めて、
体を強化する方向に傾く可能性があるのです。

一般的には、筋肉を強化していくタイプの運動が、
該当すると言われています。

ただ、あくまでも一般論なので、
全ての人に当てはまることはないでしょう。

上記の条件なら、柔道や相撲では、身長が伸びない
ことになります。

骨格を強化する働きがあるとしても、十分な成長ホルモン
が分泌されていれば、身長は伸びるということでしょうか。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:運動と癒し - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/22(土) 18:27:38|
  2. 身長を伸ばす運動

身長を伸ばす運動のススメ

 
身長を伸ばすための運動は、ジャンプやジョギングなど、
垂直方向に力が加わる運動を中心に行うと良いでしょう。

運動による成長ホルモンの分泌は、約15分ほどで
始まると言われています。

成長ホルモンの分泌が始まると、3時間ほど続くようなので、
軽い運動を行いながら体全体に刺激を与え、血行の流れを
維持するように、運動を続ければ良いでしょう。

注意点として、下半身のみを鍛えたり、上半身のみを鍛える
と言った、スポーツジムの肉体強化運動ではなく、一般的な
クラブ活動で行われているような運動が適していると思います。

また、運動後に疲れ果てて動けなくなるような過度の運動より、
爽やかな気分で帰宅できるような、楽しみながら体を動かす運動
の方が、身長を伸ばすためには良いでしょう。

身長を伸ばす運動は、全国制覇を目指すわけではないので、
爽やかな汗が流せる程度に留めておきましょう。(笑)


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:運動と癒し - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/22(土) 18:22:54|
  2. 身長を伸ばす運動

コンデンスグローアップ

 
コンデンスグローアップは、身長を伸ばすサプリメント
調べていると、必ず見かける製品です。

主な成分は、「アルギニン」「大豆タンパク」「卵殻カルシウム」
「珊瑚カルシウム」「酸化マグネシウム」「コラーゲンペプチド」など、
身長を伸ばすために有効とされる成分を配合したサプリメントのようです。

金額的には3000円前後、1日6粒が目安の180粒入りなので、1ヶ月分ですね。

アルギニンのみのサプリメントでも、1ヶ月分が安くて3000円程度はするため、
金銭面だけで考えれば、比較的お得なのかもしれません。

日常、食生活に注意できる方ならば、「アルギニンのみ」というように、
特定のサプリメントを選んで摂取する方がお得ですが、育ち盛りの子供が
いるような家庭などでは、常に、栄養バランスまで考えた食事を作るのは
難しい場合もあると思うので、コンデンスグローアップのような総合的な
サプリメントを利用するのも良さそうです。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/09(日) 21:39:21|
  2. 身長とサプリメント

HGH-21Program

 
HGH-21Programは、アルギニンを主体とし、効率よくアルギニンを
体内に取り込むための成分を組み込んだサプリメントのようです。

アルギニンを摂取しても、その全てが吸収されるわけではないので、
HGH-21Programでは、「オルニチン」「リジン」「グルタミン」「ナツメエキス」
「ヨモギエキス」「イチョウ葉エキス」など、複数の成分と組み合わせることで、
アルギニンがより効率よく吸収されるよう工夫されています。

身長を伸ばすためにアルギニンを利用することは、どのメーカーのサプリメント
でも同じですが、HGH-21Programは、少しでも多くのアルギニンを体内に
取り込み、成長ホルモンの分泌を増やすことで身長を伸ばすということに、
重点を置いているようですね。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/09(日) 21:28:15|
  2. 身長とサプリメント

Grow Amino

 
Grow Aminoは、アルギニンとともに、複数の栄養素で構成され、
身長を伸ばすことを目的としたサプリメントです。

Grow Aminoに含まれる成分は、「アルギニン」「フィッシュコラーゲン」
「オルニチン」「グルコサミン」「亜鉛酵母」「クエン酸」「乳酸カルシウム」
「グリシン」「CPP-Ⅱ」など、身長を伸ばすのに有効とされる成分です。

ちなみに、グルコサミンは、体の軟骨を構成する成分のひとつであり、
亜鉛は、身長を伸ばすために大切な微量元素、クエン酸は、亜鉛の吸収を
促進する役割と言った感じに、それぞれが役割を持って、身長を伸ばす働き
を高めてくれるよう、意図されています。

ただし、金額的には若干高めで、3gの30包入りで1万円ほどします。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/09(日) 21:07:25|
  2. 身長とサプリメント

身長と成長ホルモン

 
成長ホルモンは、脳下垂体から分泌される、
人が成長するためのホルモンです。

成長ホルモンの大きな役割は、骨を伸ばし
作られた軟骨組織を骨に置き換えていく働きと、
タンパク質合成を促進して、筋肉を成長させる働きです。

ただし、成長ホルモンが直接骨を伸ばすわけではなく、
成長ホルモンが肝臓に働きかけると、肝臓は骨細胞を増殖する
働きのあるIGF-IソマトメジンC)と呼ばれる物質を分泌します。

IGF-IソマトメジンC)の刺激を受けた骨端線は、
増殖を繰り返し、骨が伸びていくのです。

また、成長ホルモンの分泌は、13歳から17歳くらいが最も多く、
20歳を過ぎると徐々に減少していきます。

女性が気にする肌のツヤにも、成長ホルモンが関係し、
25歳を過ぎて、徐々に肌のハリがなくなっていくのは、
成長ホルモンが減少するためだそうです。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/02(日) 15:52:52|
  2. 身長と成長ホルモン

成長ホルモンと効率的な身長の伸ばし方

 
成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯は、
就寝後、2時間~3時間の間だと言われています。

またその中でも、ノンレム睡眠中の最も眠りの
深い時に、成長ホルモンは多く分泌されるため、
身長を伸ばすには、ぐっすり熟睡することが大切です。

そのため、アルギニンなどを含む身長を伸ばすサプリメント
摂取するのは、就寝の30分前くらいがベストだと考えられます。

また、もっと全体的な生活から考えるのであれば、就寝の3時間ほど
前に夕食を食べ、軽い運動をこなして、休憩を取り、サプリメントを
飲んだ後に、入浴して体を温めてから就寝という流れです。

規則正しい生活を毎日続けるのは大変ですが、
毎日続ければ、ゆとりある心と健康な体を維持できますし、
効率的に身長を伸ばすことができるでしょう。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/02(日) 15:50:23|
  2. 身長と成長ホルモン

成長ホルモンと身長を伸ばすための注意

 
成長期には、多量の成長ホルモンが分泌されますが、
無理なダイエットなど、体のバランスを壊す行為は、
病気のもとであり、身長の伸びを阻害する原因にもなります。

成長期の子供は、寝ている間にどんどん身長が伸びていきます。

あまりにも急激に背が伸びるため、骨がきしんだり、
痛くなったりする(成長痛)こともあるくらいです。

青年期は、身長を伸ばすためにとても大切な時期なのです。

しかし、過食や肥満は、成長ホルモンの分泌を
抑制する原因になってしまいます。

勉強後の夜食も、成長ホルモンの分泌に良くありませんし、
筋肉トレーニングも、成長ホルモンの働きが、骨ではなく、
筋肉に取って代わられてしまいます。

少しでも高く身長を伸ばすためには、成長ホルモンの活動を
阻害しないように注意しましょう。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/02(日) 15:25:00|
  2. 身長と成長ホルモン

身長と睡眠

 
「寝る子は育つ」と言うように、成長期の子供において、
身長を伸ばすためには、睡眠がとても大切です。

身長を伸ばす方法にはさまざまありますが、
睡眠の大切さは、全ての方法に共通しているようです。

正確に言うならば、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が、
身長を伸ばすために、大切な役割を果たします。

成長ホルモンは、その名が示すように、
人が成長するためのホルモンです。

睡眠後2~3時間の間に成長ホルモンが多量に分泌され、
刺激を受けた肝臓がIGF-IソマトメジンC)と呼ばれる
物質を分泌し、骨細胞を増殖させます。

増殖した骨細胞は骨となり、身長が伸びるのです。

もちろん、急激に伸びるわけではなく、ひとつひとつの骨が、
毎日少しずつ伸びていき、一年間で5cm~7cmほど伸びます。

1日の伸びで見ると、ごくわずかな長さですが、それが1年365日と
積み重なることにより、5cm、10cmの伸びとなり大きな差となるため、
成長期の子供にとって、毎日十分な睡眠を取ることが大切です。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:快眠・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/01(土) 20:26:11|
  2. 身長と睡眠

身長を伸ばすには十分な睡眠を

 
身長を伸ばすためには、十分な睡眠を取ることが大切です。

ただし、睡眠時間が長いだけでも意味はありません。

身長を伸ばすための成長ホルモンは、深い眠りである
ノンレム睡眠中に、多く分泌されるそうです。

深い眠りを得るために、以下のことに注意しましょう。

1)眠る前は脳への刺激を避け、落ち着いた気分で布団に入ること。

テレビゲームや、刺激の強いドラマ・映画は、脳を興奮状態に
させるため、深い眠りを妨げます。


2)なるべく部屋を暗くして寝ること。

電気を付けたまま寝る方がいますが、明るいと深い眠りを誘う
メラトニンの分泌が妨げられます。
メラトニンの分泌には、暗さが関係していますし、
目の刺激は脳へ伝わるため、深い眠りにつくことができません。


3)食後は3時間ほど時間をおいて、睡眠を取りましょう。

睡眠前の食事は、満腹感を増して深く眠れる気がするのですが、
肝心の成長ホルモンは、血糖値が高いと分泌されにくくなるため、
深く眠っても意味がありません。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:快眠・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/01(土) 20:03:18|
  2. 身長と睡眠

身長を伸ばす快適な睡眠方法

 
成長期の小学生は9~10時間、中学生なら8~9時間、
高校生は7~8時間、大人なら6~8時間の睡眠時間
必要だと言われています。

大人の場合は身長と言うより、健康な体を維持するため
の睡眠時間ですが、深い眠りにつくことは大切です。

快適な睡眠方法は、個人差があるため一概には言えませんが、
一般論としてまとめます。

1)朝起きたときに太陽の光を浴びる。

朝に太陽の光を浴びると、15時間ほどメラトニンの分泌が抑えられ、
睡眠前に分泌が始まるため、快適な睡眠が得られるそうです。


2)寝る前にホットミルクを飲む。

牛乳に含まれるアミノ酸が、メラトニンの分泌を促進する
ための物質(セロトニン)を作る材料になるほか、牛乳に
含まれるカルシウムは、イライラを抑える効果があります。


※その他、ストレスとなる材料をなるべく減らし、
適度な運動を心がけると、ぐっすり眠ることができます。


⇒ ググッと身長を伸ばす方法
 

テーマ:快眠・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/01(土) 19:57:06|
  2. 身長と睡眠

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。